Categories

Site search

2016年7月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Profile
Links






MY Diary ロハスタウン高松からお届けするグットミュージックダイアリー
2012年1月16日

波動スピーカーの評価

学研のGet Naviにはあの家電芸人のチュートリアル「徳井義実」さんがこだわりの連載をしています。昨日出版された2月号にて、「2010年、最も物欲を刺激されたもの」として選んだのがエムズシステムの「ドコデモ」です。実際購入し、使用中という徳井さん。「個性的なデザインと音に対する哲学に感銘」というコメントがエムズシステム波動スピーカーの本質を物語っています。特にドコデモは最近凄くご依頼をいただくホームシアターシステム。驚嘆の音の場が出来上がると高い評価を受けています。

ドコデモhttp://www.aria-music.jp/dokodemo.html

波動スピーカー、エムズシステムの10周年のパーティに行ってきました。このシステムのベースには理論があるのではなく、「想い」があることを確認できました。

自宅の各部屋にエムズシステムを置く有名な音楽評論家、湯川れい子さんからお祝いのコメントが寄せられていました。「音」ではなく「音楽」を伝えるエムズシステムスピーカーは音楽家と同様、「意思」を持ったスピーカーと思う、と絶賛されていました。

 

私が音楽とエムズシステムをテーマにHPを作りたかった理由を、見事にコメントされていて、いたく感動いたしました。このスピーカーからの音は、「あたたかな温度と情感」という、音楽にとって「再現」よりも、むしろ大切な要素を届けてくれます。

音楽は表現者が発する人間の心です。それは目に見えないものですが、空気を通じて聴き手を包み込んだ時、表現者と聴き手の間に交わる何かが多くの人々の心を揺さぶります。

 

再生ではなく、まさにそこで歌われる、演奏される。そう表現してよい音の響きがこのエムズシステム、波動スピーカーでは生まれるのです。

どうぞこのエムズシステムによる音楽の深さを是非、体感なさって下さい。http://www.aria-music.jp/try.html

エムズシステム 波動スピーカーは、今毎日お問い合わせ、購入依頼を受けています。Ariaはこのスピーカーは「ミューズの贈り物」、最も音楽的なシステムとしてご紹介しています。

 

自宅はもちろん、ボディケアスペース、ホテル、美容院・・。とにかく人々が真に音楽の力で和らいだり、感性が開いたりできる場にはピッタリのシステムです。

高松では紀ノ国屋書店、ドトールコーヒーなどにもエムズシステムスピーカーが採用されています。

ホームシアターシステムの「ドコデモ」も日に日に導入が増えています。先日、あるご家族がお見えになり、「ドコデモ」を試聴されました。そのとき、何かの要因でTVモニターが映らなかったのです。ブルーレイのデモンストレーション用DVDの「ナイトミュージアム」や「キングダム・オブ・ヘブン」の音だけが試聴ルームに響きました。

 

そのご家族は映画好きでなんとこれらの作品を偶然、自宅の既存のホームシアターで以前楽しまれていたのです。結果「ドコデモ」の音に触れて購入を即決されたのはいうまでもありません。あえていうと「ドコデモ」は映像よりリアルな音の場が生まれるのです。

リアルというのは自然ということです。是非「ドコデモ」実感ください。

以下は「ドコデモ」をご導入いただいたお客様 佐藤様からの感想です。

エムズシステムで音楽や映画を楽しんでおります。音楽の演奏では特に5.1チャンネルにする必要を感じないくらい豊かで、満足できる演奏が楽しめます。とりわけ「鼓童」のCDなどは太鼓の皮の震えが目に見えるようです。日頃、ウオークマンとヘッドフォーンが離せない音楽好きな長女もその音のすばらしさに感動し、自分のCDを次々にかけては楽しんでいます。(リアスピーカーは2本の皮ベルトで天吊りしていますが、彼女がそのベルトを手縫いしてくれました。)どちらかと言えばアコースティックな楽器演奏やヴォーカルがその長所を引き出すようで、自然とそういったCDに手が伸びます。映画もブルーレイで観た『アバター』は映画館の3D体験を思い出しました。これからも家族でエムズシステムを通して音楽や映画を楽しんでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年12月11日

波動スピーカースペース

 

私の試聴ルームSpace Ariaがあるビルの3つの店舗には波動スピーカーが入っています。

すべて、偶然試聴いただいて、ほれ込んでいただいての導入です。日本料理店、ゴッドハンドといわれるフェイスエステティックの部屋、そして美容院。

そしてこのたび、ビルの上階にロンドンで活躍したオーナーが開いたヘアーサロン「La Vie」が出来ました。白で統一された素敵な空間には、ピアノホワイト仕様の波動スピーカーMS1001PWが導入され最高の心地よい音と時間が流れています。このビルは中庭のあるゆったりとした雰囲気。とてもいい音に包まれます。

ライトアップをしている栗林公園、いつものカフェが雰囲気違うと、評判です。波動スピーカーの音は隔てた隣の部屋までゆったりと包み込んでくれます。三四郎さんも絶賛。宵闇コンサートに出演の狩野さんの篠笛の音なども素晴らしい。場を変えてくれています。

 

音は場の時間や空気を大きく支配します。私は実は右の耳が少し聞こえません。昔、中耳炎をこじらしたためです。うるさい喫茶店などに行き、話し相手の声に集中する時、気がついてみるとBGMをかきわけながら相手の声に照準を合わせている自分に気づきます。

小さなボリュームのBGMでもその音が電気的なデジタルな音だと、そのような作業がとても大変です。

最初にエムズシステムの波動スピーカーに出会ったとき、最も感じたのはその差異でした。それどころかとても耳に優しく心地良い音に誰も声を荒げてない・・、こんなカフェの風景でした。

音楽の情報と音楽は違います。波動スピーカーの創ってくれる音の場は、真の音楽や、音の響きが存在できる素晴らしい場となります。

私の試聴ルームSpace Ariaで鳥の声の入った弦楽器のCD(ヒーリング系)をかけていた時、驚いたことがありました。試聴ルームの隣にあるオフィスでいたのですが、気がつくと試聴ルームで何か気配がしているのです。

部屋を移動してみると、何と初夏だったので開け放していたドアから小鳥が進入し、部屋に遊んでいたのです。

これが波動スピーカーのマジックですね。小鳥にとっても友達の声と間違うほどの気持ちの良い森の空間だったのでしょう。

恐るべしです。写真は試聴ルームSpace Ariaです。


先日、小笹屋にて食事。相変わらず波動スピーカーMS1001Mの良い音が響いている。少し前に来たバレエダンサー熊川哲也さんもじっと聴いてたそう。アーティストにユーザーが多いのは、本当にうなづける。

2011年12月9日

波動スピーカーの感想

 

◎ミュージシャンの感想

このところ、多くの方々からAriaを通じてエムズシステムの波動スピーカーを導入いただいています。音楽の女神、MUSEの贈り物というコンセプトに共感いただいてるのかもしれなく、とてもうれしいです。ピアノホワイトをショールームに、新築の家に1001Mを、神奈川県の方にシュエットをんど。特に、最近僕のオフィス、Space Ariaに来るミュージシャン達は絶賛です。皆さん音楽の中心を求めていらっしゃる気がします。

 

昨日は、おいでいただいたベーシストの方に、1001Mをお選びいただいた。また、遊びに来た関西のミュージシャンたちも、絶賛でした。
多くのミュージシャンたちの感想は、波動スピーカーの確信をついています。つまり、音楽が伝わる、そこで演奏している、想いが伝わる、生命力が凄い、気持ちがいい、などです。場の持つ力で演奏も変わるほど、開かれた気持ちの良い雰囲気に敏感な彼らが、この響きに浸り、目を閉じて身体で感じていただいています。

音楽が生き返る、生命を持つ。これが私が最も波動スピーカーを評価している原点です。音が空気、空間を響かせる時、そこには素晴らしいバイブレーションが生まれます。それは、まさしく音楽という人間の営みのマジックが存在します。何故エルビスは、ビートルズは、ドビュッシーは人びとの宝なのか?ああ、こんな声をしていたのか、エムズシステムの波動スピーカーでは、それが感じられる事が、素晴らしいので、僕は紹介しているのです。古い音源、波動スピーカーでご体験ください。http://www.aria-music.jp/try.html

◎お客様の感想

お陰さまで、最高です。
演奏者の気配が感じられます。
最初は、びっくりしました。
しかし、徐々にその気配にも慣れて来ました。(笑)

演奏者のいないホームコンサートを画策中です。

チェロ、クラリネット、サックス、ギター、木で作られた音、木を鳴らす音、エムズシステム、波動スピーカーのボディは素晴らしい響きを奏でます。それはすなわち、演奏家が楽器を鳴らそうとした、そのままの音。聴く人は、演奏家に同化できる、極端にいうとそのような感覚が生まれる、素晴らしいミューズの贈り物です。http://www.aria-music.jp/diary/2010/02/15/音楽を愛するt様からの波動スピーカーに関する本当にうれしいコメント/

 

2011年12月6日

波動スピーカービル


私の試聴ルームSpace Ariaがあるビルの3つの店舗には波動スピーカーが入っています。

すべて、偶然試聴いただいて、ほれ込んでいただいての導入です。日本料理店、ゴッドハンドといわれるフェイスエステティックの部屋、そして美容院。

そしてこのたび、ビルの上階にロンドンで活躍したオーナーが開いたヘアーサロン「La Vie」が出来ました。白で統一された素敵な空間には、ピアノホワイト仕様の波動スピーカーMS1001PWが導入され最高の心地よい音と時間が流れています。このビルは中庭のあるゆったりとした雰囲気。とてもいい音に包まれます。

2011年11月28日

歴史のかなたまで 栗林公園の波動スピーカー

2011年11月14日

波動スピーカー、ミュージシャンたちの感想

昨日は、おいでいただいたベーシストの方に、1001Mをお選びいただいた。また、遊びに来た関西のミュージシャンたちも、絶賛でした。
多くのミュージシャンたちの感想は、波動スピーカーの確信をついています。つまり、音楽が伝わる、そこで演奏している、想いが伝わる、生命力が凄い、気持ちがいい、などです。場の持つ力で演奏も変わるほど、開かれた気持ちの良い雰囲気に敏感な彼らが、この響きに浸り、目を閉じて身体で感じていただいています。

2011年11月7日

音が変える空気 波動スピーカー

 


音は場の時間や空気を大きく支配します。私は実は右の耳が少し聞こえません。昔、中耳炎をこじらしたためです。うるさい喫茶店などに行き、話し相手の声に集中する時、気がついてみるとBGMをかきわけながら相手の声に照準を合わせている自分に気づきます。

小さなボリュームのBGMでもその音が電気的なデジタルな音だと、そのような作業がとても大変です。

最初にエムズシステムの波動スピーカーに出会ったとき、最も感じたのはその差異でした。それどころかとても耳に優しく心地良い音に誰も声を荒げてない・・、こんなカフェの風景でした。

音楽の情報と音楽は違います。波動スピーカーの創ってくれる音の場は、真の音楽や、音の響きが存在できる素晴らしい場となります。

私の試聴ルームSpace Ariaで鳥の声の入った弦楽器のCD(ヒーリング系)をかけていた時、驚いたことがありました。試聴ルームの隣にあるオフィスでいたのですが、気がつくと試聴ルームで何か気配がしているのです。

部屋を移動してみると、何と初夏だったので開け放していたドアから小鳥が進入し、部屋に遊んでいたのです。

これが波動スピーカーのマジックですね。小鳥にとっても友達の声と間違うほどの気持ちの良い森の空間だったのでしょう。

恐るべしです。写真は試聴ルームSpace Ariaです。

2011年11月6日

こ笹屋の波動スピーカー


先日、小笹屋にて食事。相変わらず波動スピーカーMS1001Mの良い音が響いている。少し前に来たバレエダンサー熊川哲也さんもじっと聴いてたそう。アーティストにユーザーが多いのは、本当にうなづける。

2011年11月6日

波動スピーカーの評価

音楽が生き返る、生命を持つ。これが私が最も波動スピーカーを評価している原点です。音が空気、空間を響かせる時、そこには素晴らしいバイブレーションが生まれます。それは、まさしく音楽という人間の営みのマジックが存在します。何故エルビスは、ビートルズは、ドビュッシーは人びとの宝なのか?ああ、こんな声をしていたのか、エムズシステムの波動スピーカーでは、それが感じられる事が、素晴らしいので、僕は紹介しているのです。古い音源、波動スピーカーでご体験ください。http://www.aria-music.jp/try.html

2011年10月19日

MODEA 聡子ちゃんとパーッカッションプレーヤー

MODEAの一丸聡ちゃんとパーカッションミュージアムの3名、Space Ariaに来て波動スピーカーのパーカッションの音にびっくり!!狂乱のセッションが始まってしまいました。
スピーカーの音と、生のジャンベなど、全く違和感なし。!!!