Categories

Site search

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Profile
Links






MY Diary ロハスタウン高松からお届けするグットミュージックダイアリー

Tag: 友 別れ 高校 夏 人たち 乗っ 連絡船 ワッ 高校生 思い出 サプライズ

2011年9月29日

波動スピーカーと木

チェロ、クラリネット、サックス、ギター、木で作られた音、木を鳴らす音、エムズシステム、波動スピーカーのボディは素晴らしい響きを奏でます。それはすなわち、演奏家が楽器を鳴らそうとした、そのままの音。聴く人は、演奏家に同化できる、極端にいうとそのような感覚が生まれる、素晴らしいミューズの贈り物です。//www.aria-music.jp/diary/2010/02/15/音楽を愛するt様からの本当にうれしいコメント/

2009年2月2日

高松港

090201_172228.jpg090201_172107.jpg


高校の頃はこの海を渡るのにまだ連絡船に乗っていた。
東京の高校に通っていた僕は、夏休み楽しく過ごした地元の友人たちと休みの終盤、別れを告げるのが少し淋しかった。
ある夏の終わり、前日さりげなく別れた友人たちが港で待ち構えていてくれたことがあった。高校生なりのサプライズだったのだ。
連絡線への通路を曲がったとたんワッと現れた友人たちの顔。
半分子供、半分大人・・。
忘れられない夏の思い出・・。
あの夏は人生に一度きり。
記憶の夏を思い出すのはこんな風景の冬の夕方です。