Categories

Site search

2022年1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Profile
Links






MY Diary ロハスタウン高松からお届けするグットミュージックダイアリー

Tag: エムズシステム

2011年1月17日

木村純さんと波動スピーカーのコラボレーション

1月8日~10日のツアーで木村純さんはやはり波動スピーカーを使用して、自らの音を紡ぎました。ギターの音が柔らかく自然にそのまま本人にも、観客にも響いていきます。今回は波の音やヨーロッパの町並みの喧騒など、様々な音を合わせてただでさえ絵画的な純さんのボサノバの世界をよりイマジネイティブにしてくれました。

自然音も合わせるので、いつもより一個多い2個のエムズシステムを用意しました。40坪を超える広さなのに一般のPAは何も使用していません。プロのオペレーターはこれを2個並べておいて、なぜハウリングを起こさないのか本当に不思議!と驚いていました。

一番最初にエムズシステムスピーカーを使用した時は、「ミスタッチも全て表現されるから凄く緊張する」といっていた純さんも今ではだいぶん慣れて自分でも音の場を楽しんでいるようです。

お客様がたも柔らかな音の中に包まれリラックスした様子。

観客として来ていたフェリアードの山本なつきちゃんが呼び出され、ボーカルを添えます。波動スピーカーで再現される彼女のボーカルはさらに豊かな色合いを持ち、素晴らしい音楽となりました。「凄い臨場感!!」。なつきチャン本人の素直な一言が印象的でした。

別の日、常時、MS1001のピアノブラックを置く「mareo」でのライブも波動スピーカーと自然音との共演。目を閉じて風景に遊ぶお客様たちが印象的でした。//www.aria-music.jp/diary/2009/06/24/%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%aebar-mareo%e3%81%b8-%e6%b3%a2%e5%8b%95%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc/

純さんのギターがさらに豊かな響きを聞かせてくれたうれしいライブでした。

2010年12月25日

チュートリアル徳井さん 今年のNO.1はエムズシステム「ドコデモ」

学研のGet Naviにはあの家電芸人のチュートリアル「徳井義実」さんがこだわりの連載をしています。昨日出版された2月号にて、「2010年、最も物欲を刺激されたもの」として選んだのがエムズシステムの「ドコデモ」です。実際購入し、使用中という徳井さん。「個性的なデザインと音に対する哲学に感銘」というコメントがエムズシステム波動スピーカーの本質を物語っています。特にドコデモは最近凄くご依頼をいただくホームシアターシステム。驚嘆の音の場が出来上がると高い評価を受けています。

ドコデモ//www.aria-music.jp/dokodemo.html

2010年12月18日

エムズシステム 10周年 湯川れい子さん

波動スピーカー、エムズシステムの10周年のパーティに行ってきました。このシステムのベースには理論があるのではなく、「想い」があることを確認できました。

自宅の各部屋にエムズシステムを置く有名な音楽評論家、湯川れい子さんからお祝いのコメントが寄せられていました。「音」ではなく「音楽」を伝えるエムズシステムスピーカーは音楽家と同様、「意思」を持ったスピーカーと思う、と絶賛されていました。

私が音楽とエムズシステムをテーマにHPを作りたかった理由を、見事にコメントされていて、いたく感動いたしました。このスピーカーからの音は、「あたたかな温度と情感」という、音楽にとって「再現」よりも、むしろ大切な要素を届けてくれます。

音楽は表現者が発する人間の心です。それは目に見えないものですが、空気を通じて聴き手を包み込んだ時、表現者と聴き手の間に交わる何かが多くの人々の心を揺さぶります。

再生ではなく、まさにそこで歌われる、演奏される。そう表現してよい音の響きがこのエムズシステム、波動スピーカーでは生まれるのです。

どうぞこのエムズシステムによる音楽の深さを是非、体感なさって下さい。//www.aria-music.jp/try.html

2010年11月21日

波動スピーカーとソングライター

大貫妙子さん、佐野元春さん、荒井由美さん、大瀧栄一・・。日本語が新しいニュアンスで紡がれ音楽になり始めた時代のソングライターと呼ばれる人々。

人に届く言葉を歌う人たち。

どんなにやさしい気配の言葉も、強い言葉も、言葉はそれ自体力を持っている。まるで蝋燭の小さな炎も薪の大きな炎にも世界が感じられるように・・。つまりアーティストが放つ言葉はその力を充分考えられて選ばれたものではないでしょうか。

彼等が言葉を放つ時その後ろに多くの色が感じられます。無意識のうちにでも・・。

つないだ手に夏の匂い 海へと続く道 光る波とひとひらの雲 遠い蝉時雨(大貫妙子さん 四季より)

言葉はアーティストから解き放たれ、中空に放たれた時、観衆のそれぞれの想いと繋がります。

波動スピーカーで生まれるアーティストの言葉の響き。その奥にその言葉が発せられた時の感情が見事に見えてきます。またどのようなニュアンスでその音を作りたかったかも・・。

音楽が立体的な世界を持って届けられます。

2010年11月16日

波動スピーカーとジャズ

私はドラムを演奏します。最初に東京のとあるカフェで、エムズシステム、波動スピーカーから流れてくるコルトレーンを聞いたとき、エルビン ジョーンズのブラシワークとシンバルレガートのその響きに驚嘆しました。

基本的にアコースティックな楽器によるジャズは波動スピーカーと大変相性の良い音楽です。ボーカルのリアリティも凄いです。

石川早苗ちゃんはエムズシステム波動スピーカーで自らのCDを聞いたとき鳥肌がたったとコメントしました。

伊藤大輔君のCDを聞いた神田サオリちゃんも「そこに大ちゃんがいる」とびっくりしてました。

ボーカリストは自分の体が楽器です。その共振がこのスピーカーでは感じられたようです。

情感が素晴らしく感じられる波動スピーカー、最もプレーヤーの近くにある音がそこにあるのではないでしょうか?

2010年11月16日

UTAUの素晴らしさ

大貫妙子さん、坂本龍一さんの「UTAU」、知った曲、初めての曲、全て大貫さんの凛とした美しい日本語に彩られています。

a Lifeは大貫さんの希望が感じられ最高です。

このような言葉の響きは波動スピーカーの独壇場です。大貫さんの息遣いが存在感を持って伝わってきます。

今、このような情報が溢れる時代の中で、物事が輪郭を持つ意味はとても大きいです。そのことに感受する人もとても多いと思います。今は余計なものをそぎ落とし、大切なものと向き合う時代かも知れません。

エムズシステムの波動スピーカーの素晴らしさは、音楽の発する原点の響きを伝えてくれることです。皆さんのうれしいコメントに勇気付けられます。

2010年11月16日

ブラジルの風 ブラジリアンジャズトリオ

木村純さん、鈴木篤志さん、そして新たにあのジャズ界の重鎮、林栄一さんが加わって作られた「ブラジリアンジャズトリオ」。やはりボサノバに対する美意識のブレない純さんに重なる鈴木さん、そして林さんの音とハートが素晴らしい。 優しく渋いアルトサックスの音色にノックアウトされました。

ガレリアは「フェリアード」も参加、「蒼」でもなつきちゃんの飛び入りがありました。

デックスガレリアで生まれた素敵な雰囲気、壱番街ドームの響き、パティスリーミクニのライブ感、蒼の静けさ・・。

あくまで屋外で音楽をやるにあたってのサポートライブとしてミクニや蒼でのライブがありますが、場所場所で全て色合いの違う素晴らしい内容となりました。

また、あれだけサックスを鳴らす林さんがホテルの波動スピーカーを絶賛してくれたのもうれしいコメントでした。

次はあるタンゴのコンサートを企画中です。

2010年10月2日

エムズシステム 波動スピーカーと音楽の関係

瀬戸内国際芸術祭の寄稿の延長で、あのWEB MAGAZINE 「OPENERS」にAriaのHPと波動スピーカーが紹介されています。//openers.jp/interior_exterior/index.html

今回芸術祭の音楽のプロデュースの中で多くの場面でエムズシステムが登場しました。

プレゼン時、、開会にむけてあわただしい実行委員会においてもゆったりとした音が皆さんのリラックスのお役にたてたり、フェリーなどで島から戻った人々を迎えるZENKONにてなど、・・。

また訪れた多くのミュージシャンがSpace Ariaを訪れて様々な感想を残してくれました。

生の音のバイブレーションに限りなく近い「まさに楽器」エムズシステム 波動スピーカー、ミューズの贈り物です。

2010年9月23日

瀬戸内国際芸術祭のお客様と波動スピーカー

芸術祭で高松を訪れたお客様が何人も「Space Aria」にいらっしゃいます。波動スピーカーを知っていて、umieや蒼にあるのを見て、訪れていらっしゃいます。

今回の島々の芸術祭の最も素晴らしいのは、あの柔らかい空気の気配だと思います。あの空気、あの音の中でこそ出会うアートに人々は何かを感じています。

波動スピーカー エムズシステムスピーカーの最も素晴らしいのはその「響き」にあると僕は感じます。いらしゃった方がたはやはり、その感覚を感じていて、波動スピーカーの自然で音楽的な音に驚嘆されます。

大きな共通点がありますね。

2010年9月18日

MUSIC BLUE9月4,5日

4日の白井奈緒美+千田豊美、サックスとライブペインティングのコラボレーション  丸亀町クリスタルドームも夕日のZENKONも素晴らしい4枚の絵が出来上がりました。
芸術祭らしい素敵なライブとなりました。
5日のハウオリーズ、瀬戸内海に広がる美しいフラの空間が生まれました。お客様も300人ほど、大変な賑わいでした。